福ふくろう

日常のことや趣味についてゆる~くまったりと書いています

副業がバレた?なぜか会社から住民税の徴収額決定通知書が届いた。

今日、帰宅したら会社から封筒が届いていた。

「なんだろう?」と思って開けてみたら、そこにはなんと!

役所が発行する住民税の徴収額決定通知書

が転送されていた。

 

おかしい?!

なんでこんなものが会社から転送される?!

 

 

会社に副業がバレる最大のきっかけは、そう、この住民税通知書です。

役所は、住民各個々人の納税額が決まったら、この住民税通知書を会社に送り、会社はこれに基づいて住民税を給料から天引きします。

 

収入が会社の給料だけだったら何の問題もありません。

でも、給料以外に収入があったら、その分も含めて住民税通知書に記載されてしまうので、会社に副業がバレてしまいますわけです。

 

で、会社に副業がバレないようにするためには、確定申告のときに、事業税や住民税の納付方法を、

「自分で納付」

で申し出ることなんです。

もちろん、私も「自分で納付」にチェックを入れました。

 

f:id:fuku-fukurou:20190617191316j:plain

確定申告書Bの下段

 

 

今の会社は副業完全禁止ってわけではないのですが、一応、届出制になっています。

ただ、届け出ると、書類を出せから始まって、どんな副業をしてるんだ、何で副業するんだ、とグチグチと聞かれるのは目に見えてるんですよ。

メンド臭いですよね、そううなったら。

 

なので、なんとか副業がバレないようにといろいろと調べて、確定申告のときに「自分で納付」で出したのに・・・。

 

いやぁ、マジで今、真っ青になってますよ。

つーか、

確定申告のときに自分で納付にチェックしたのに、一体、どうなってるんだ?

役所は何をやってくれたんだ?

って、頭に血が上って、真っ赤になってるかも。

 

さっき、ダメもとで役所に電話したら・・・、案の定、時間外だと言われました。

明日だったら、7時まで対応可とのことなので、明日、改めて確認します。

 

でも、その前に、知り合いに聞くなり、ネットをチェックするなりで、もう少し調べてみます。

 

この件で状況をご存知の方、教えていただけると嬉しいです。