福ふくろう

日常のことや趣味についてゆる~くまったりと書いています

嫁さんがニヤニヤしながら白い結晶の入ったパッケージを差し出してきた

 

パート先から戻ってきた嫁さんが、やけに、ニヤニヤしています。

 

なんか良いことでもあったのかと思っていたら、

「ねぇねぇ、これ、なんだかわかる?」

とパッケージを差し出してきました。

 

それがこちら。

白い結晶の入ったパッケージです。

中身は一体、なんだと思います?

f:id:fuku-fukurou:20190629231436j:plain

白い結晶が入ったパッケージ

 

むむ!これはもしかして?!アカンやつか?

 

な~んてことは思いません(笑)。

見た瞬間に「塩」だってわかりましたから。

 

で、

「塩でしょ?」

と軽く答えると

「な~んだ・・・」

と肩透かしをくらった感でいっぱいになっておりました。

 

さて、こちらの塩、ただの塩ではありません。

かの有名なウユニ塩湖の「塩」なのです。

 

なんでも、パート先の友人が、中南米に旅行に行っていて、マチュピチュやらチチカカ湖などを楽しんできたそうですが、ウユニ塩湖にも行ってきて、お土産として塩を持って帰ってきたのだとか。

ちなみに、ウユニ塩湖とは、ボリビアにある「奇跡の絶景」といわれる広大な塩の大地のことです。

 

f:id:fuku-fukurou:20190629231439j:plain

ウユニ塩湖

 

 

 

グーグルマップで見る航空写真はこちら。

白く広がっているところがウユニ塩湖ですね。

 

こうやって見ると、ほんと~に広いですね。

 

パート先の友人は、ウユニ塩湖の観光をしたときに、足元の塩をごっそりと袋に詰めて持ち帰り、上のような小さなパッケージに小分けにして、お土産として分けてくれたんだとか。  

 

んん?
国立公園とか観光名所って、そこにあるものを勝手に持ち帰ってはいけないってルールがあるんじゃないのか?

と思って聞いてみたら、観光で来ている人たちはだれもかれもが、何の遠慮もなく、ごっそりと袋に入れて持ち帰っていたそうです。

もちろん、それを注意する人は誰もおらず。

 

ウユニ塩湖はとてつもなく広い範囲で塩だらけなので、観光客が袋で持ち帰るくらい全然問題じゃない、ということなんでしょうか、ね?

 

f:id:fuku-fukurou:20190629231443j:plain

ウユニ塩湖の塩はでかい結晶だった

 

せっかくいただいた貴重なお土産、袋から取り出してみると・・・。

どれも大粒で「塩の結晶感」がハンパないです。

 

ためしに舐めてみたら・・・、うん、普通の塩ですね(笑)。

 

で、楽天ショップを調べてみたら・・、

【ボリビア・ウユニ湖塩(紛粒)お試し50g】

 

ウユニ塩湖の塩が売ってました(笑)。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!
また、次回もよろしくです。

 

こちらもどうぞ!

www.fuku-fukurou.blog