福ふくろう

日常のことや趣味についてゆる~くまったりと書いています

東京都青梅市にある「昭和レトロ商品博物館」「昭和幻燈館」のご紹介

  東京都青梅市、「昭和レトロ」と「映画看板」の街。

街中いたるところにある映画看板と、けっこう、こじつけ感のある「青梅赤塚不二夫会館」が楽しめます。

 

www.fuku-fukurou.blog

 

そして、こちらでは昭和レトロを体感できる、「昭和レトロ商品博物館」、「昭和幻燈館」の2つの施設をご紹介します。   

 

昭和レトロ商品博物館

次に訪れたのが「昭和レトロ商品博物館」。 「青梅赤塚不二夫会館」の右となりにある古民家を改装した建物です。

f:id:fuku-fukurou:20200103134806j:plain

昭和レトロ商品博物館

   

中に入ると、その名の通り、昭和にあった商品がたくさん展示されています。

 

駄菓子に、

f:id:fuku-fukurou:20200103134830j:plain

駄菓子

  

おもちゃ。

f:id:fuku-fukurou:20200103134850j:plain

おもちゃ


カメラ、時計、ビール、下駄、薬、文房具、雑貨、・・・。

コカコーラのコレクションも。

 

こういった商品、懐かしいのもあれば、年代的に古過ぎて全く見た記憶がないものもありますが、とても興味を持って見ることができます。

見ていて、ノスタルジックに浸るとともに、「昭和はよかったなぁ・・・」と爺臭く思うのでした・・・。

(平成がダメってワケでもないんですけど、ね)  

 

そして、靴を脱いで、古民家特有の急な階段を上ります。

壁には、なぜか若かりし頃の小泉今日子のパネルが。

f:id:fuku-fukurou:20200103134928j:plain

小泉今日子のパネル


   

二階に上がると、二間続きの部屋に、雪女の展示がびっしり。 

f:id:fuku-fukurou:20200103134951j:plain

雪女

 

小泉八雲作の『怪談』にある「雪女」、その舞台がここ青梅市なのです。  

原作の序文に

「雪女というこの奇妙な物語は、武蔵の国、西多摩郡、調布の百姓が自分の生まれた村の伝説として物語ってくれたものである・・・」

と書かれており、執筆時の地名(調布村)が現在の青梅市にあたる、とのことです。

 

「雪女」、もっともっと雪深い地方の話だと思っていましたので、本当に意外でした。

それにしてもこの部屋、かなり「怖い」です。

絶対に一人では泊まれない場所ですね。  

 

昭和幻燈館

「昭和レトロ商品博物館」を後にして、「昭和幻燈館」に向かいます。

街灯には、赤塚キャラのタペストリーが飾られています。

f:id:fuku-fukurou:20200103135044j:plain

赤塚キャラのタペストリー


  途中にあるバス停。

f:id:fuku-fukurou:20200103135103j:plain

バス停


  

そして、「昭和幻燈館」に到着。

といっても、「昭和レトロ商品博物館」から、ものの1~2分しか歩いていません。 

f:id:fuku-fukurou:20200103135122j:plain

昭和幻燈館

 

喫茶ルームを併設している、こじんまりとした施設です。  

中はこんな感じで薄暗く、こちらもやっぱり昭和を感じさせる展示品が。

f:id:fuku-fukurou:20200103135146j:plain

昭和を感じさせる展示品

  

昭和を代表する商品の看板をパロったものも。 

f:id:fuku-fukurou:20200103135216j:plain

商品の看板をパロったもの

 

「ねこ」が、モチーフになっていますね。

これらは、青梅市ゆかりの墨絵作家・有田ひろみさん、ぬいぐるみ作家・ちゃぼさんによるユニット「Q工房」の作品だそうです。

Q工房 有田ひろみ・ちゃぼ  

 

また、館内にはいくつかのジオラマも展示されています。

こちらは、昭和40年代の青梅駅周辺。

f:id:fuku-fukurou:20200103135241j:plain

昭和40年代の青梅駅周辺


 猫町通り。

f:id:fuku-fukurou:20200103135301j:plain

 猫町通り


この館も、昭和のレトロ感が満載で、楽しめました。

昭和幻燈館 有田ひろみとちゃぼの青梅猫町商店街  

 

最後に

今回は、時間の関係(後の予定が詰まっていた)もあって、あまりたくさん見て回れなかったのですが、昔ながらの街並みが残っている場所など、青梅市には昭和を感じさせてくれるところがまだまだたくさんあります。

 

さらに、本物の鉄道車両を多数公開している「青梅鉄道公園」や、多摩川近くの自然あふれるカフェなど、楽しく過ごせる場所がてんこ盛りです。

(温泉もありますよ!)  

 

都心から、ほどよい時間で行ける青梅市。 一度、出かけてみてはいかがでしょうか?

 

f:id:fuku-fukurou:20200103135554j:plain

青梅市街マップ

 

 

  

f:id:fuku-fukurou:20200103135626j:plain

 

 

www.fuku-fukurou.blog

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 <ツイッターもやってます>