福ふくろう

日常のことや趣味についてゆる~くまったりと書いています

安くてうまい!とおすすめされて行ったお寿司屋「築地 すし大」が本当においしかった

 

お寿司、好きですか?

私は大好き。なんですが・・・、お値段が高くて、もっぱら「回るお寿司屋さん」のお世話になることが多いのです。

 

たまには、「回らないお寿司屋」で食べたいなと思って、とある食通の方に

安くてうまいお寿司屋さんてないの?」

って聞いたら、

築地の場外市場にある「築地 すし大」がいいんじゃないかな。

ここのお寿司はとってもうまいし、ランチだと安く食べられるから」

とおすすめされました。

 

今回は東京は築地の場外市場にあるおすし屋さん「築地 すし大」のご紹介。

本当に安くてうまいお寿司に出会って大満足でしたよ。

 

 

安くてうまいお寿司屋が築地にあった

世の中、うまいお寿司屋さんはいっぱいあるとは思いますが、それが「安い」となると、なかなか・・・ねぇ。

 

「どこかに安くてうまいお寿司屋さんってない?」

って聞いても、

「あったら、俺が教えて欲しいよ」

という答えばっかり。

 

たまに、

「あぁ、小樽に行った時に食べたお寿司屋さんがうまかったなぁ」

みたいな答えは返ってきても、東京近辺で「ここ!」と教えてくれた人はいませんでした。

(「高くてうまいお寿司屋だったら、知っているよ」と言う人はいましたけど・・・)

 

でも、ついに、とある食通の方から

「東京で安くてうまいお寿司屋ならここ!」

と太鼓判を押す店を教えてもらったのが、「築地 すし大」というお寿司屋さんです。

 

この方は、食通というか食道楽の方で、いろいろな店を食べ歩いていています。

それも、ネットなどでリサーチして評判の良い店で、かつ、値段が高くないお店に行かれてるんですね。

そして、この人に「いいよ」と教えてもらった店で、これまで外れたためしがありません。

期待感いっぱいで、「築地 すし大」に出かけてきました。

f:id:fuku-fukurou:20190629231307j:plain

築地 すし大


  場所は、築地の晴海通り沿いで、築地場外市場の一番はずれに位置しています。

f:id:fuku-fukurou:20190629231312j:plain

築地 すし大のマップ

引用:マップ・アクセス | 築地場外市場 - 公式ホームページ  

 

「築地 すし大」に行くなら開店前に並ぼう

「築地 すし大」をおすすめしてくれた食通の方から、

「すし大に行くんだったら、ランチがいいよ。とにかく安いからね。

だけど、すぐに行列が出来るので、開店前から並んでたほうがいいよ」

と教えてもらいました。

 

ふむふむ、これは人気店に間違いなし!ではあります。

で、ネットで開店時間を調べてみたら・・・、なんと、午前10時半となっています。

 

朝の10時半からお寿司を食べるって・・・、なんとなく気乗りしないところもありましたけど、外で並ぶのもイヤなので、嫁さんと2人、その時間を目指すことに。

 

店には10時40分と1少し遅れてしまったところ、1階のカウンターは、ほぼ満席で、かろうじてセーフ。

私たちのあとから来たお客さんは、2~3組、2階に案内されていたので、席の余裕はあったようですが、その後は「お待ちください」で行列状態になっていましたね。

(ちなみに、でかけたのは平日です。これが土日だと100%並ぶことになっただろうと・・・。客層は、旅行者というより、割と近くに住んでそうな奥様方が多かったです)

 

ランチのにぎりすし1.5人前に大満足

カウンターに座ると、食通のおすすめにしたがって、ランチメニューの「にぎりすし1.5人前」を注文しました。

このメニューは、にぎり寿司10貫と巻物、あおさの味噌汁というメニューです。

 

職人さんが握ったお寿司が一度に出てくるのではなく、頃合いを見ながら、2~3貫ずつ出してくれるスタイル。

ちゃんとしたお寿司屋さんに来た気分が味わえますね。

 

まず、一発目がこちら。 右から、イカ、さば、まぐろです。

f:id:fuku-fukurou:20190629231319j:plain

イカ、さば、まぐろ

江戸前握りで味付けがなされていますので、醤油を付けずにいただきます。

お味のほうは、もちろん、おいしい!です。  

 

続いて、ひらまさと・・・、右は忘れた・・・。

f:id:fuku-fukurou:20190629231328j:plain

ひらまさと何か

 

さらに、右から、あまえび、あじ、ほたて。マジでたまらんうまさです。

f:id:fuku-fukurou:20190629231322j:plain

あまえび、あじ、ほたて

 

巻物はかっぱと鉄火が3個ずつでました。

あと、どうしてもうにが食べたかったので、追加で注文。

f:id:fuku-fukurou:20190629231333j:plain

かっぱ、鉄火、うにの軍艦

大将いわく「北方四島で採れたうにで、うまいよ~」とのこと。

大振りのうには粒がたっていて、とろける感がたまらなくおいしかったです~。


そして、まぐろの漬けとたまごでランチメニューの〆となりました。

f:id:fuku-fukurou:20190629231338j:plain

まぐろの漬けとたまご

 

おわりに

いやぁ、ほんとうにおいしかった!

お腹もいっぱいで大満足でした。

 

お寿司屋さんの職人って、なんとなく気難しそうな人が多いですが、お寿司を握ってくれた「すし大」の大将は、ほかの職人さんや給仕係りの人も、すごく感じが良い人ばかりで、とっても気分良くいただきました。

 

さて、「築地 すし大」のお値段ですが、今回いただいた

ランチメニューの「にぎりすし1.5人前」は、1,500円!(税込み)

安くておいしい店という食通のおすすめに、間違いありませんでした。

*ちなみに、「うに」は1個650円・外税、ランチの半分近くのお値段でしたが、これが標準なんでしょうね。

 

ランチメニュー1人前(にぎり7貫と巻物)は1,000円で、ランチメニューとは別に、4段階くらいの値段幅で大将のおまかせコースというのもありました。

これだと、もっと高級なネタを数多く食べられるのでしょう。

でも、ランチメニューでも十分、おいしく、お腹いっぱいにいただけるので、おすすめです。

 

お寿司好きの方、ご興味のある方、一度、早めの時間に行かれてみては?

きっと、大満足されますよ~。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 <こちらもどうぞ>

www.fuku-fukurou.blog