福ふくろう

日常のことや趣味についてゆる~くまったりと書いています

廃墟?行くだけ時間の無駄?宮古島にある「うえのドイツ文化村」

 

宮古島旅行の旅レポ、第二弾です。

今回は、まったくもっておすすめしない観光スポット「うえのドイツ文化村」をご紹介します。

 

宮古島は、3つの大橋に「与那覇前浜」、「砂山ビーチ」に「東平安名岬」などなど、見どころがいっぱい。

ただ、「西平安名岬」は他の観光スポットに比べたら、かなり微妙でした。

 

そして、それ以上に残念な観光スポットがあったんです。

それは、「うえのドイツ文化村」。 

珍スポットというか、ねぇ・・・。まるで廃墟みたいだったんですよね、ここが。

 

ブログで悪口めいたことを書くのはいかがか?との思いはありますが、せっかく行かれた方がガッカリしないように記しておきます。

(あくまで個人的感想ですので、楽しめる方には楽しめると思いますよ、たぶん)

 

事前リサーチでは訪問却下

宮古島旅行に出かける前、どんなところを見て回ろうかとネットで事前リサーチを行いました。

そのとき「うえのドイツ文化村」も検索で出てきたので、ブログなどを読んでいたら、中には「良かった」「楽しかった」と書いている人がいるにはいたんです。

 

でも、なんとなく南国リゾートにはそぐわない場所だということで、プランからは却下しました。

で、「うえのドイツ文化村」の存在すら、忘れていたんですが・・・。

 

ホテルの隣が「うえのドイツ文化村」

旅行初日、宿泊先であるホテル「ブリーズベイマリーナ」まで車での移動でした。

ホテルに近付くにつれ、なんかお城っぽい建物が見えてきます。

f:id:fuku-fukurou:20190715223743j:plain

うえのドイツ文化村のシンボル?

 

「なに?あれ」

と思いながら車を進めていたら、このお城がホテルだった・・・、のではなく、ホテルに隣接する「うえのドイツ文化村」のシンボルだったんです。

 

違和感ありすぎの古城

ホテルにチェックインして、その日は晩ごはん以外、特に予定もなかったので、

「せっかくだからと」

散歩がてらに行ってきました。

 

ホテルの前にあるビーチから「うえのドイツ文化村」を見ると、ごらんのようにな感じ。

f:id:fuku-fukurou:20190630004656j:plain

違和感ありあり

到着したのが6時過ぎと遅かったので、写真が暗くて分かりにくいですが・・・、ビーチに砂浜、元サンゴっぽい岩、南国特有の植物。

しかし、その向こう側に、西洋風の古城・・・。

 

「一体、何を考えてこんなものを作ったんだ?」

と思わせるほど、南国・宮古島で見るには、違和感あり過ぎでした。  

 

こちらもどうぞ

www.fuku-fukurou.blog

 

誰もいない観光スポット

時間的に遅かったからでしょうけど、園内に入ると、人っ子一人おりません。

違和感あり過ぎのお城は「博愛記念館」といって、中は展示施設やドイツ貴族の衣装を着られるサービスがあったり、上階は展望室になっているようでした。

でもね、とても入りたいと思える感じじゃなかったですね。  

 

さらに、古城の前の広場には、たくさんの小さな鯉のぼりがロープに吊られていました。

行ったのがゴールデンウィーク明けだったので、こどもの日のイベントをやっていたのだろうと思います。

 

しかし、装飾があまりにチンケ過ぎ。

しかも、どう考えたって、「ドイツ文化村」にふさわしくない飾りだったので、いっそう侘しさを感じさせるものでした。

 

休館中のパレス館

さらに進むと洋館が建っています。

f:id:fuku-fukurou:20190630004611j:plain

休館中のパレス館


この洋館の名前は「パレス館」、休館中でした。

驚いたのが、前の広場の敷き石です。

あちこちの石はひび割れていて、ぺんぺん草が生えています。

 

敷き石自体、波うっていて、つまづきそうになったので、

「もう、帰ろう・・・」

と、早々にホテルに戻りました。

f:id:fuku-fukurou:20190630004613j:plain

うえのドイツ文化村

 

おわりに

一見、廃墟のような「うえのドイツ文化村」。

南国リゾート気分に水をさすこの施設、ここを目的にわざわざ訪れたわけではないし、入場無料だった(建物に入るにはお金が要ります)ので、腹が立つほどではありませんでした。

でも、もし、ここに時間を費やして行ってたら、きっと「ハァ?」ってなってたでしょうね。

 

関係者の方には申し訳ありませんが、おすすめできない観光地です。

とはいえ、珍スポットや廃墟マニアの方、もしくは、あえてウケ狙いのインスタ用写真を撮影するには、良いスポットかも、です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 <宮古島関連記事はこちら>

 

<ケラマ諸島・座間味島関連記事はこちら>

www.fuku-fukurou.blog