福ふくろう

日常のことや趣味についてゆる~くまったりと書いています

広島県呉市の「てつのくじら館」で本物の潜水艦に搭乗してきました

 

広島県呉市にある「海上自衛隊呉資料館」、愛称「てつのくじら館」に行ってきました。

 

呉市といえば、軍港であり、あの戦艦大和が建造された街としても有名。

漫画「アルキメデス大戦」で、ちょいちょい登場する場所でもあります。

 

 

私的には呉市は、「仁義無き戦い」であったり、最近では「孤狼の血」であったりと、アウトローな街のイメージが強いのですけど・・・。

f:id:fuku-fukurou:20190908115617j:plain

孤狼の血

ちなみに、「孤狼の血」の小説版、おもしろいのはおもしろいんですけど、作家さんの文章がかなりヘタなんです(笑)。

ラスト以外は、映画のほうが断然、おもしろかったですよ。

「ワシらぁ、警察じゃけぇ、何やってもえぇんじゃ」というセリフにしびれます。

 

さて、「てつのくじら館」は、海上自衛隊のPR施設。

海上自衛隊呉史料館 | 愛称:てつのくじら館

 

場所は、JR呉駅から歩いて10分くらいでしょうか。呉の港の大和ミュージアムの真向かいにあります。

ここのウリは、なんと言っても本物の潜水艦に入れること!なんですよね。

 

道路わきに潜水艦がドンと置かれています。

f:id:fuku-fukurou:20190908105616j:plain

てつのくじら館

 

館の正式名称「海上自衛隊呉資料館」

f:id:fuku-fukurou:20190908105650j:plain

海上自衛隊呉資料館

 入り口の上には「てつのくじら館」の看板が。

f:id:fuku-fukurou:20190908105736j:plain

てつのくじら館の看板

 

自衛隊のPR施設ですので、もちろん、入場料はタダです。

 

館内に入るとまずは2階に。

そこはパネルに映像が展示されています。

f:id:fuku-fukurou:20190908105808j:plain

パネル展示

ぶっちゃけ、この手のパネルとか映像って、あんまり真面目に読む気になれないんですよね・・・。

とにかく、なんでも良いから「ブツ」がみたい!と完全スルーで進みます。

 

まず、最初に登場したのは機雷。

これも、ただの鉄のかたまりにしか見えないので、パスすると・・・!

 

 来ました!

潜水艦の展示物。中がどうなってるのか、わかるような断面図です。

f:id:fuku-fukurou:20190908105835j:plain

潜水艦の断面模型

 

f:id:fuku-fukurou:20190908105922j:plain

潜水艦の断面模型その2

 これこれ!

こういうのが見たかったんですよ~。

 

つづいて、潜水艦の中の暮らし?のスペース。

f:id:fuku-fukurou:20190908110030j:plain

三段ベッド

三段ベッドです。

一昔前の寝台列車より、さらに天井が低いです。 

 

乗組員たちのごはんの展示。

f:id:fuku-fukurou:20190908110003j:plain

食事内容

海と言えばカレーのイメージ、展示されているのは 、やっぱりカレーでしたね(笑)。

たしか、曜日感覚をキープするために、毎週金曜日はカレーの日にしているって聞いた記憶が・・・。

 

機銃砲や無人ヘリコプター、あと、いろいろなタイプの潜水艦の模型なんかも展示されていました。

f:id:fuku-fukurou:20190908121843j:plain

機銃砲

f:id:fuku-fukurou:20190908110053j:plain

無人ヘリコプター

 

さて、いよいよ人生初の潜水艦に潜入。

想像以上に通路は狭く、天井が低かったです。

f:id:fuku-fukurou:20190908110116j:plain

潜水艦館内

 

 暮らしのスペース?

やっぱり天井の低い三段ベッドでした。

灯りが「赤」というのが、なんとも卑猥な感じです。

f:id:fuku-fukurou:20190908110147j:plain

潜水艦内の居住スペース

 

艦首に向かう手前では、装置・機器がむき出し状態。

f:id:fuku-fukurou:20190908110215j:plain

むき出しの機器

 操縦室。

やっぱり狭いです。

f:id:fuku-fukurou:20190908110244j:plain

操縦室

 レーダー。

f:id:fuku-fukurou:20190908110310j:plain

レーダー

 あと、潜望鏡が2つあって、たぶん、海上自衛隊のOBの方なのでしょう、しきりに覗くようにおすすめされていました。

 

潜水艦の中を堪能して、館内に戻ると潜水服が展示されていました。

f:id:fuku-fukurou:20190908122845j:plain

潜水服

 

以上、広島県呉市にある「海上自衛隊呉資料館」、愛称「てつのくじら館」の旅レポ?でした。

 

興味のない人にとっては、まったくもって楽しくない場所だと思います。

でも、入館料は無料で、本物の潜水艦が見物できますので、「大和ミュージアム」に行かれる方は、そのまま、立ち寄られてはいかがでしょうか?

 

海上自衛隊呉史料館 | 愛称:てつのくじら館

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 続きはこちら

www.fuku-fukurou.blog