福ふくろう

日常のことや趣味についてゆる~くまったりと書いています

沖縄の中でも一番沖縄らしい島「竹富島」を十二分に楽しむためにおすすめしたい5つのポイント

 

石垣島離島への家族旅行レポート、第七弾。

今回は3日目に訪れた竹富島の旅レポートです。

 

石垣島に旅行で行ったなら、必ず訪れる「竹富島」は、地元の方いわく「沖縄の中でも一番沖縄らしさが残る島」。

その町並み、風景、なにより驚きの美しさのコンドイ浜を楽しんできました。

 

今回は、竹富島を訪れて感じた「竹富島を十二分に楽しむためにおすすめしたい5つのポイント」をご紹介します。

 

 

f:id:fuku-fukurou:20191013113637j:plain

竹富島

 

竹富島に行くなら早目の船で

竹富島に泊っている方は別ですが、多くの方は石垣島のホテルに泊まって、朝、船で行かれることになると思います。

そうであれば、石垣港の近くにホテルをとって、朝、できるだけ早めの船に乗って出かけることをおすすめします。

というのも・・・、少し遅くなるだけで、とっても混雑するからなんです。

 

私たちは、朝08:30の船で出かけましたが、それなりに船はいっぱいになっていました。

船がいっぱいということは、竹富島に到着してからも、何かと待ち時間が増えてしまいます。

レンタル自転車屋さんなんか、長い行列が出来ていましたからね。

 

こんな時間のロスは、ホント、もったいない!

ということで、まずは早めの船に乗ることをおすすめします。

 

 

島内めぐりはレンタル自転車で

f:id:fuku-fukurou:20191013113714j:plain

白い砂の道

地図を見ると、

「竹富島って、小さいな」

って思いますけど、歩いて移動するには、それなりに広いです。

特に港から、メインになる集落までは、そこそこのキョリがあって、おまけに登り坂が続くので、暑い日に歩いて行くのは、かなりシンドイです。

 

そこで、おすすめしたいのが「レンタル自転車」

あらかじめ予約しておけば、船の到着時間に合わせてショップのバスが迎えに来ているので、最初の移動時間を短縮できます。

 

また、コンドイ浜やカイジ浜までの移動もすごく楽にできるので、レンタル自転車がおすすめですよ。

 

地図を持参しよう

f:id:fuku-fukurou:20191013113919j:plain

感謝

竹富島の集落は、狭い路地が入り組んでいるので、少し歩くと自分がどこにいるかわからなくなりやすいです。

また、食べ物屋さんや民宿などの建物には目立った看板がなく、目印となるものが少ないんですよね。

 

そこで、おすすめしたいのが地図(のコピー)を持参すること。

地図のコピーにあらかじめ行きたい場所を書き込んだり、ルートを線でひっぱっておいたり、現地で目印になるものを書き込んだりすると、いらぬストレスを感じなくて済みますよ。

 

ちなみに、レンタサイクル屋でもらった地図は、縮尺がかなりデフォルメされていたもので、むしろ迷ってしまい、同じ場所を何度も行ったり来たりするハメに。

あまり当てにならないのでお気をつけください。

 

なお、島内では携帯の電波はしっかりと飛んでいるので、スマホでも大丈夫です。

 

コンドイ浜でゆったり過ごす準備を

f:id:fuku-fukurou:20191013113743j:plain

コンドイ浜

竹富島に行った日は、海辺のリゾートホテルに予約を入れていて、ビーチはそちらをメインと考えていたため、コンドイ浜でゆったりする準備をしてなかったんです。

これが大失敗・・・。

 

写真のように、とんでもなくキレイな海。

砂浜もキメ細かな砂で、ゴミひとつ落ちていないほど。

そして、何より人が少なかったので、最高のロケーション。

なのに、海で過ごす準備をせずに行ったものですからね・・・、大後悔でした。

 

f:id:fuku-fukurou:20191013121544j:plain

コンドイ浜2

 次男は、海パンとビニールシートを持ってきてたので、海で大はしゃぎ。

それを見た長男は、ガマンできなくなって、デカパン(普通にはいている下着のパンツ)一丁になって海に入っていました。

 

おそらくですけど、石垣島本島に、コンドイ浜よりもキレイなビーチはないのでは?と思います。

 

「竹富島は日帰りだし、海に入ったら、あとが面倒だから」なんて言わずに、最高の海を楽しんでください。

竹富島に行かれる方、ぜひ、海に入る準備を忘れずに!

 

食べ物飲み物を持参しよう

f:id:fuku-fukurou:20191013121624j:plain

カイジ浜(星砂の浜)2

 竹富島には、商店らしい商店はほとんどなく、飲食店も決して多くありません。

そして、お昼時になると、どこの店も大勢の人で混雑しています。

なので、日帰りで行かれる方は、お昼ごはんは持参しましょう。

 

竹富島でお弁当でも買ってコンドイ浜で食べようと思っても、なかなかきびしいですよ

(少なくとも私が見た限り、商店は1軒だけで食べ物はお菓子しか売っておらず、飲料の自動販売機は数台しかありませんでした・・・)。

 

まとめ

竹富島を十二分に楽しむためにおすすめしたい5つのポイントとして

  • 早めの船で行く
  • レンタルサイクルを活用する
  • 地図を持参する
  • コンドイ浜で過ごす準備をする
  • 食べ物飲み物を持参する

をご紹介しました。

 

不便といえば、とっても不便ですし、あれだけキレイなコンドイ浜に売店がない、パラソルのレンタルもないというのは、不思議ではあります。

でも、この不便さこそが、竹富島の良さなのかもしれないなって思いましたね。

 

つづきはこちら

www.fuku-fukurou.blog

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

<ツイッターもやってます>

よかったらフォローしてください^^

 

石垣島旅行の記事はこちら

www.fuku-fukurou.blog

 

沖縄関連の記事はこちら!

www.fuku-fukurou.blog