福ふくろう

日常のことや趣味についてゆる~くまったりと書いています

【焼肉やまもと】石垣島の超人気店で感動の激ウマ焼肉をいただく【すみません!石垣牛をなめてました】

 

石垣島離島への家族旅行レポート、第六弾。

今回は二日目の晩ごはんでいただいた「焼肉やまもと」の食レポです。

 

石垣で焼肉を食べるなら「焼肉やまもと」。

石垣牛なら「焼肉やまもと」。

 

ネットで口コミ情報をチェックしていたら、「これでもか!」というくらい絶賛の嵐が吹き荒れています。

が、ぶっちゃけ、旅行に行った時に食べたものを「おいしかった」と盛りまくって書くのはよくある話で、実際に行って食べたら「そこまで大したことなかった」というのもよくある話。

 

なので、あまり期待しすぎることなく向かったのですが・・・、

 

すみません!

石垣牛をなめてました

 

マジで口コミ通り、いや、それ以上の激ウマでした!

 

ということで、こちらでは、石垣島の超人気店「焼肉やまもと」の感動の激ウマ焼肉をご紹介します。

 

当ブログの焼肉紹介記事はこちら

>> 焼肉 カテゴリーの記事一覧 - 福ふくろう

 

 

「焼肉やまもと」は1ヶ月前の予約で遅い?

石垣島離島旅行の予約を入れて、

「さあ、晩ごはんはどうしようか?」

とネットサーフィンをしているときに見つけたのがこの「焼肉やまもと」。

 

とにかく口コミはものすごく良いんですよ。

「最高!」とか「日本一の焼肉」とか。

「そこまで旨いのなら、行かねばなるまい」でこちらに決定。

 

そして、口コミには予約が取れないと書いてあったので、ソッコーで電話しました。

すると、

「10月3日だったら、午後7時から9時までの間だったら一席用意できますが・・・」

とのこと。

 

電話したのは1ヵ月半以上も前、なのにこの返事。

正直、

「繁盛店を装って、盛ってんじゃないの?」

と思わなくもなかったのですが、その時間で予約。

ついでに、「焼肉やまもと」の一番の人気メニュー「焼きシャブ」を4人前、キープするようにお願いしました。

 

住宅街にある 「焼肉やまもと」

焼肉やまもとは、繁華街から少し外れた住宅街にあります。

 石垣港から歩いていくには少しキョリがあるかな、という立地。

そのためか、タクシーでやってくるお客さんが多かったですね。

 

お店の外観はこちら。

f:id:fuku-fukurou:20191013111544j:plain

焼肉やまもと

写真、まっくらでよく分からないですよね・・・、すみません、店の外観写真がこれしかなくて。

 

「焼肉やまもと」で感動の激ウマ焼肉をいただく

店に入ると・・・、当然のごとく満席です。

店内は、テーブル・座敷・カウンターがあり、テーブルの間のスペースは広く取られているので、満席ながらゆったりと過ごせます。

 

名物「ニコタン」

まずは生ビールとコーラで乾杯し、名物の「ニコタン」をオーダーします。

f:id:fuku-fukurou:20191013111827j:plain

ニコタン

「 ニコタン」は、タンを煮込んだもの。

タンの旨みを残しつつ、柔らかく煮込まれていて、すこぶる美味なり、です。

 

感動の「焼きシャブ」

そして、いよいよ焼肉ワールドに突入。

まずは、「焼肉やまもと」の大人気メニュー、焼きシャブです。

f:id:fuku-fukurou:20191013111856j:plain

焼きシャブ4人前

 黒毛和牛特有のキレイなサシがはいったお肉。

これ、東京で食べたら「カルビ」(しかも頭に「特上」とかが付く)と呼ばれる肉だと思いますが、「焼肉やまもと」では、どうやら「ロース」という位置づけのようです。

 

シャブシャブではお肉をサッと湯通しするように、「焼きシャブ」は炭火であぶる程度に焼き、スライスオニオンをくるんでポン酢でいただきます。

 

口に放り込んだ瞬間、「う、旨い~!」のただ一言!

 

肉の旨みというか、甘みというか、とにかく肉本来の旨さが口内いっぱいに広がります。

ついで、肉の脂が「ジュワッ」と追いかけてきては、とろけていきます。

オニオンスライスのシャキシャキ感が歯ごたえを高めてくれて、ポン酢の程よい酸っぱさが、お肉の旨さをさらに引き立ててくれます。

 

いや、マジでぶっとびました。

旨い、最高の口コミは何度も見ていましたが、ここまで旨いとは!

想像と期待をずっと超えていく旨さです。

ホント、石垣牛をなめてて、すみませんでした。

 

子供たちも「ウマッ!」と言いながら、ガツガツと食べ続けています。

そして、嫁さんは、

これまで食べた焼肉の中で、一番おいしい!

とまで言ってましたね。

 

この言葉を聞いて、

「ほんとうにそこまで言い切って良いの?」

とツッコミを入れたくなりましたが、家族の様子を見て、この店に連れてきて良かったと思いました。

 

スペシャルセット

続くお肉は、まるっと注文した「スペシャルセット」のホルモン3点。

f:id:fuku-fukurou:20191013111954j:plain

ホルモン3点

 左から時計回りに「ミノ」「マルチョウ」「レバー」です。

ミノはコリコリとしつつも歯切れがよく、マルチョウはしっかり脂ののった、これぞホルモンというお味。

そして、レバーも新鮮でエッジのたった口ごたえ。

もちろん、どれもこれもおいしかったです。

 

続く赤身のお肉は左側が「ロース」で、右側が「カルビ」。

f:id:fuku-fukurou:20191014012022j:plain

カルビとロース

サシの入り方から「反対じゃないの?」って思いましたが、店の人に確認したら間違いありませんでした。

 

食べてみたら、うん、確かにカルビのほうが、より脂がのっているお味。

少し甘めのつけダレの下味で、もちろん、お肉本来の旨みが楽しめます。

 

追加注文のハツとカルビ

追加でハツを注文。これまた新鮮で歯ごたえがありました。

f:id:fuku-fukurou:20191013112116j:plain

ハツ

さらに、ロースを2人前追加で注文し、白ごはんもいただいてお腹いっぱい。

楽しみにしていたハラミは、残念ながら仕入れがなくて食べられずでした。

それと、セットで付いてきた「焼き野菜」は、一切れも網に乗せられることがありませんでした(残してごめんなさい)。

 

〆の冷麺

おいしいお肉でおなかいっぱい、とっても大満足!だったのですが、嫁さんが「冷麺が食べたい」とのことで〆にオーダー。

f:id:fuku-fukurou:20191013112135j:plain

冷麺

 正式な名前は「ととり冷麺」。

「ととり」とは「どんぐり」のことで、どんぐりの粉を材料に麺が練りこまれたもの。

酸味のきいたサッパリとしたお味で、焼肉の〆にピッタリの逸品でした。

 

おわりに

ネットの口コミ情報では「日本で一番おいしい焼肉屋」と称されることもある「焼肉やまもと」、ほんとうにおいしかったです。

中でも「焼きシャブ」は絶品で、この店に来たら絶対に食べて欲しい逸品ですね。

 

石垣島に旅行に行かれる方、旅行の日程が決まったら、即予約!されることをおすすめします。

 

 こちらの記事には、私がこれまで食べたおいしい焼肉を載せています。

近いうちに「焼肉やまもと」を追加して、「9店」から「10店」に変更します。

 

あと、焼肉屋さんの記事一覧はこちらですので、よろしければあわせてお読みください^^

>> 焼肉 カテゴリーの記事一覧 - 福ふくろう

 

つづきはこちら!

www.fuku-fukurou.blog

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

<ツイッターもやってます>

よかったらフォローしてください^^

 

石垣島旅行の記事はこちら

www.fuku-fukurou.blog

 

沖縄関連の記事はこちら!

www.fuku-fukurou.blog