福ふくろう

日常のことや趣味についてゆる~くまったりと書いています

西表島・由布島・小浜島3島ツアー。念願の水牛車に乗るもちょっと切なくなった

 

石垣島離島への家族旅行レポート、第五弾。

今回は、西表島・由布島・小浜島3島ツアーのご紹介です。

もともと、「水牛車に乗ってみたい」という嫁さんのリクエストで出かけた石垣島離島旅行。

念願が叶って大満足!と言いたいところですが、正直、ちょっと切なくなりました。

f:id:fuku-fukurou:20191013110250j:plain

水牛

 

 西表島・由布島・小浜島3島ツアー

今回参加したのは西表島・由布島・小浜島3島ツアー。

行程は、

石垣港(08:15)~大原港~仲間川マングローブクルーズ~美原~水牛車で由布島(見学)~大原港(12:30)~小浜港~昼食~小浜島内バス観光(シュガーロード~こはぐら荘~細崎集落~展望台等)~小浜港(15:20)~石垣港(16:10)

というものです。

 

 

朝8時に石垣港にある「西表島観光センター」に立ち寄り、受付を済ませます。

f:id:fuku-fukurou:20191013104533j:plain

西表島観光センター

 

そのとき手渡されたのが、こちらのチケット。

f:id:fuku-fukurou:20191013105123j:plain

チケット制?の観光ツアー

 

乗船券にバス券、入場券なんかがセットになっています。

各観光ポイントや移動手段がバラで組み合わさっているもので、ツアーと言いながら最初から最後まで同じメンバーで行動をともにする、というものではありませんでした。

もちろん、添乗員さんはおらず、各ポイントで次々と交代する運転手さん、船頭さんに案内されるというスタイルでしたね。

 

 石垣島のヒーロー、具志堅用高さんの像がある石垣港から高速船に乗って、まずは西表島に向かいます。

f:id:fuku-fukurou:20191013104455j:plain

石垣島の具志堅像

 

西表島仲間川マングローブクルーズ

港に着いたら、すぐに船を乗り換えて、仲間川マングローブクルーズに出発。

f:id:fuku-fukurou:20191013130238j:plain

仲間川クルーズ1

f:id:fuku-fukurou:20191013130320j:plain

仲間川クルーズ2

 川岸に自生しているたくさんのマングローブを見ながら、仲間川を上っていきます。

上流にある船着場で一旦、下船し、そこから少し奥まったところにはえている大きなマングローブを見学しました。

 

由布島へ水牛渡り

小1時間くらいでしょうか、マングローブクルーズを終えて港に戻ると、そこでバスに乗り換えます。

 

クルーズで一緒だったほかの客は別のバスへ。

私たちが乗ったバスはご覧のとおり・・・、ガラガラです。

f:id:fuku-fukurou:20191013105242j:plain

ガラガラのバス車内

 

しばらくバスに乗っていると、由布島に渡る水牛車乗り場へ。

f:id:fuku-fukurou:20191013105325j:plain

由布島水牛車乗り場

 

ここから、適当に振り分けられて、水牛車に乗ります。

 御者さん?船頭さん?の一声で、水牛は対岸に向かって、ゆっくり、ゆっくり歩き始めます。

f:id:fuku-fukurou:20191013110329j:plain

 

急に立ち止まったと思ったら、その場で、

ジョボジョボジョボ

と用を足しています。

 

少し前を進む水牛は、

ドボドボドボ

と、う○こをしていました。

 

このあたりまでは、ご愛嬌なんですが・・・。

 

水牛が渡っているのは、海。結構な水かさです。

しかも、それなりの数の人が乗っているので、 相当、重たいはず。

そんな中を、対岸に向かって歩く水牛を見ていたら、健気と言うか何と言うか・・・、とっても切ない気分になってしまいました。

 

海に建てられた電柱の横を進む水牛車。

新たにやってくるお客さんを迎えに、海を渡っていきます。

f:id:fuku-fukurou:20191013105412j:plain

由布島から戻る水牛車

 

10分くらいの渡海で由布島に到着。すぐ目の前が植物園です。

f:id:fuku-fukurou:20191013105447j:plain

植物園

 

 園の建物の建物の中には、現在、がんばっている水牛の写真が飾られていて、それぞれ、ちゃんとした名前がつけられていました。

f:id:fuku-fukurou:20191013105518j:plain

がんばっている水牛たち

 

観光地定番の強制記念撮影では、とっても元気なおねえさんが、

「はい、みんなでウシッシー!(はい、チーズ)」

「よく撮れてます。バッチ牛(バッチグー)」

と笑わせてくれました。

 

園内には水牛の碑。

f:id:fuku-fukurou:20191013105607j:plain

水牛の碑

 

シーサーも水牛です。

f:id:fuku-fukurou:20191013105643j:plain

水牛のシーサー

 

植物園に全く興味のないウチの家族は、ソッコーで水牛車の待合所にもどり、ボーっとしながら、あたりの景色と行き交う水牛車を眺めて過ごしました。

 

帰りの水牛車では、ベテランの御者さんが三線の弾き語りを聞かせてくれました。

f:id:fuku-fukurou:20191013110806j:plain

風情のある三線弾き語り

帰りの水牛も、健気にがんばっていて、その姿を見ると、やっぱり切なくなりましたね。 

 

「はいむるぶし」の昼食

バスに乗って港まで戻ると、今度は船に乗って小浜島に渡ります。

 

まず行ったのは、ホテル「はいむるぶし」。

f:id:fuku-fukurou:20191013110422j:plain

小浜島のホテル「はいむるぶし」

 

「はいむるぶし」とは、漢字で書くと「南群星」。八重山地方の言葉で「南十字星」を意味するのだとか。

 

ここでいただいた昼食は、沖縄料理のお弁当。

これにプラス、八重山そばやソフトドリンクが食べ飲み放題でした。

f:id:fuku-fukurou:20191013110519j:plain

「はいむるぶし」での昼食

お味のほうは・・・、マズくはないけど旨くもないといったところで、ぶっちゃけ、大したことなかったです。 

 

ホテルは、とってもキレイで、ゆったりしていたし、整備も行き届いていたので、

「今度はここに泊ってみたい」

って思いましたね。

 

小浜島観光

ホテルでしばらく過ごした後、小さめのバスにのって小浜島観光です。

お客さんは私たち4人と、小さなお子さんを連れたご夫婦の7人でした。

 

小浜島はNHKの朝ドラ「ちゅらさん」の舞台になった島。

ロケで使われた場所が観光スポットになっていましたが、このドラマを見ていなかったので・・・。

 

すごく良かったのが展望台。

ここから、キレイな海が一望できました。

f:id:fuku-fukurou:20191013110600j:plain

ちゅらさんの碑

f:id:fuku-fukurou:20191013110649j:plain

青い空と青い海

 

 サクッと小浜島の島内観光をしたあと、港に帰って船に乗り、石垣島に戻りました。

 

おわりに

駆け足だった西表島・由布島・小浜島3島ツアー。

少し物足りなさはあったけれど、初めて訪れた私たちにはちょうどいい感じだったと思います。

チケット制の観光ツアーは初めてで、これもまた、少しだけ自由がきいて良かったですし。

何より、自分でスケジュールを組んで手配しなくて済むのが楽チンでした。

 

ただ、念願だった水牛車は・・・、切なさが残るものでした、ね。

 

 

つづきはこちら

www.fuku-fukurou.blog

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

<ツイッターもやってます>

よかったらフォローしてください^^

 

石垣島旅行の記事はこちら

 

www.fuku-fukurou.blog

 

沖縄関連の記事はこちら!

www.fuku-fukurou.blog