福ふくろう

日常のことや趣味についてゆる~くまったりと書いています

Googleマップの導きによってたどり着いたその先は、まさかの・・・

 

白州にある有名なパン屋「ゼルコバ」と、とってもおいしいベーグルが食べられる「YES!BAGEL 黒おび屋」。

ご近所同士の2軒の店を目指して、JR小淵沢駅から歩いて行くことにしました。

この2軒、駅から少し離れたところなので、そのルート探索をGoogleマップに活躍願ったわけですが・・・、これが、まあ、ちょっと・・・、ということになりました。

 

今回は、Googleマップの導きによって迷子同然になったときのお話です。

 

パン屋「ゼルコバ」の記事はこちら

 

ベーグル屋「YES!BAGEL 黒おび屋」の記事はこちら

 

 

JR小淵沢から有名なパン工房「ゼルコバ」へ

山梨県は北杜白州町にあるパン工房「ゼルコバ」。 このパン屋さんは、こだわり天然酵母のおいしいパンを食べさせてくれるとネットで評判のお店です。

 

JR小淵沢からのルートをGoogleマップで検索したところ、ルートは3つ、いずれも距離は約8km、徒歩で2時間弱との表示です。

f:id:fuku-fukurou:20190630004838j:plain

8kmの行程

8kmというキョリ、普通だったらバスを探すかタクシーに乗るキョリですが、ランニングを趣味にしている嫁さんから「走っていきたい」とのリクエストが。

 

ウチの嫁さん、マラソンどころか、100kmレースやトレイルランニングに参加しているので、キョリと時間に対する感覚が一般人とはかけ離れているので、

「1時間くらいで行けるんじゃない?」

と平気で言ってきます。

 私も歩くことは、あまり苦になりませんので、じゃあ、そうしようということに。  

 

選んだルートは、向かって右側の1時間50分と一番、時間のかかるルート。

 北の杜CCというゴルフ場の中を通っていますが、場内を近隣の住人のために一般道として開放しているゴルフ場は結構ありますので、ここもそうだろうと(勝手に思い込み)、GOとなりました。

(のちのち、これが大間違いだったと気づくのですが・・・)  

 

走りと歩き

いよいよスタートです。

嫁さんは、先に走って行っては、ほどよいところで来た道を走って戻り、歩いている私と合流しては、また、先に向かって走るというピストンを繰り返します。

 

ところどころで、インスタにアップするために、「写真を取れ」とか「ビデオを映せ」とか、メンドくさ~い注文があります。

 

行っては戻り、行っては戻りする相方を見ていて、「ほんと、よくやるなぁ」と思いつつ、なんか、犬を散歩させている気分になって、妙に可笑しかったです。  

 

快適な散歩からやぶと森に突入

JR小淵沢駅から、しばらくは快適な散歩をしていました。

天気は良く晴れてきて、気温もほどよいところで、楽しく歩いておりました。

振り返ると八ヶ岳の峰々がきれいな姿を見せてくれます。

f:id:fuku-fukurou:20190630004841j:plain

八ヶ岳

 

そうこうしているうちに、微妙な分岐点にさしかかります。

それまでは舗装された道を進んでいたのに、ある地点でGoogleマップが

「右折せよ」

と示す方向は、

「これ、道?」

というようなところ。

舗装はされておらず、どう見たって見、農家の庭なんですよね。

 

「なんか、おかしいなぁ」

と思いつつも、Googleマップを信じてしばらく進むと、何軒か別荘が立ち並んでいます。

それを見て未舗装ではあるけれど、

「Googleマップはちゃんとした道案内をしてくれてるんだ」

と一安心、さらに歩を進めます。  

 

しかし、ゴルフ場に到着し、その敷地横の道を進んでいたら、急に足場が悪くなってきたのです。

 

目の前はうっそうと木々が生える森しかなく、何本もの木が倒れている始末。

f:id:fuku-fukurou:20190630004845j:plain

うっそうと木々が生える森

さすがに、

「これ、違うんとちゃうの?」

と思いました。

でも、天下のGoogleマップが間違っているはずがない・・・、と頑なに思い込んでいたので、倒木を乗り越え、生い茂った藪をかき分けながら、前に進み続けます。

 

Googleマップの導く先は

苦労しながら、ようやっと森と藪を潜り抜け、舗装道にたどり着きました。

右手には、ゴルフ場の境界であるフェンスが続いていたので、

「やっぱり、Googleマップは正解だったね」

と歩を進めます。   

 

しかし、舗装道は、フェンスとフェンスが途切れた間に続いているのです。

そう、この道はゴルフ場の中に入る道で、つながっている先は、どこからどう見てもゴルフ場のカート道。

よくある地元の住民のために開放された「一般道」とは、ほど遠いものだったんです。 

 

フェンスの中を見ると、やっぱりゴルフ場。

おじさんたちがカートに乗って移動しているし、すぐそばのグリーンではパットを打ってるわと、とてもじゃないけど、一般通行者が入って行ける場所ではありません。

 

 Googleマップを再度チェックしたら、ズッポシとゴルフ場に入り込んでいます。

f:id:fuku-fukurou:20190630004847j:plain

  

 さすがにおかしいと思い、航空写真モードに切り替えたところ・・・。

f:id:fuku-fukurou:20190630004851j:plain

 

「これ、アカンで。道とチャウやん」 

 

Googleマップが指し示しているルートは、グリーンを突っ切り、バンカーを乗り越え、思いっきりフェアウェイを横切っています。 

おまけに、ゴルフ場を出た先は、ただの森です。   

 

最初にマップを見たときは、Googleマップがカート道を一般道路と誤認識したんだろうなと思ったのです。 

でも、航空写真のとおり、道らしい道は、まったくもってありません。

にもかかわらずGoogleマップは、「ここを進め!」と導いているのです・・・。   

 

「Googleマップに騙された!!」 

とまでは言いませんが、一体、何をもってルートだと示したのか、ほんと、不思議で仕方ありません。 

 

 

この航空写真を見て、ルートがないことを確認したので、仕方なく引き返すことに。

先ほどの森と藪を通り抜け、ゴルフ場の入り口近くまで戻った後、そこから舗装された道を進み、結果、ぐる~っと遠回りをしました。   

 

目的地であるパン工房ゼルコバに到着したのは、予定を大幅に超える午後2時半。 

嫁さんが持っているガーミン(GPSで移動距離が測れる機器)でチェックしたら、歩行時間は4時間で、移動キョリは20km超となっておりました。

 

おわりに

Googleマップを再度、チェックしてみたら、歩行ルートはベータ版となっていました。

とりあえずリリースはしたけれど、まだ完全じゃないよ、というやつ。

「間違ったルート表示をするかもしれないので、使うんなら自己責任で」 ということでした。  

 

Googleマップは、知りたい場所を話しかけたら即、表示してくれるし、今いる場所や、行きたいところまでのルートを示してくれるので、本当に賢くて便利。

だけど、今回みたいにわけのわからない表示をしてしまうことも。

 

ということで、Googleマップは、まだまだ「神」と呼べるほどではなかった、というお話でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

パン屋「ゼルコバ」の記事はこちら

 

ベーグル屋「YES!BAGEL 黒おび屋」の記事はこちら