福ふくろう

日常のことや趣味についてゆる~くまったりと書いています

ゴールドコーストマラソンツアーの思い出を備忘録的にまとめてみました

 

結婚記念日&銀婚式でゴールドコーストマラソンに(嫁さんが)参加してはや1ヶ月。

当時の記憶がかなり薄れかけてきたので、そのときの様子を備忘録的にまとめてみました。

 

 

ゴールドコーストマラソン・ツアーの概要

旅行社:JTBの「ゴールドコーストマラソン・ツアー」

日 程:2019年7月5日(金)~9日(火)

行 程

7月5日(金)

  • 夜 成田空港発ゴールドコースト空港行き JETStar便

7月6日(土)

  • 早朝到着
  • 専用バスにてビーチ立ち寄り後、JTBツアーデスク
  • トラムにて移動
  • ゴールドコーストマラソン事前受け付け
  • トラム・バスにて移動
  • カランビン動物園
  • タクシーで移動
  • 夕刻・ホテル着 (voco gold coast)

7月7日(日)

  • 早朝・ホテル発
  • 専用バスでゴールドコーストマラソン大会会場へ
  • 午後レース終了後、トラムでホテル戻り
  • 夕刻・土ホタルと星空鑑賞ツアー参加(JTB無料オプション)

7月8日(月)

  • 朝・ホテル発 バイロンベイ・ツアー参加(JTB有料オプション)
  • 夕刻・超高層ビルQ1のスカイポイント

7月9日(火)

  • 朝・送迎バスでゴールドコースト空港へ
  • 成田空港行き JETStar便
  • 夕刻・成田空港着
  • 帰宅

※3泊5日の行程です。毎日、繁華街のブラブラ歩きをしました。

 

 <関連記事>

www.fuku-fukurou.blog

 

ゴールドコーストのビル群

まずは、ゴールドコースト空港からツアーデスクに行く間に立ち寄ったビーチ。

f:id:fuku-fukurou:20190811134717j:plain

ゴールドコーストの高層ビル群

空港からゴールドコーストに向かう途中で立ち寄ったビーチ。

海の向こう側にゴールドコーストの高層ビル群が見られます。

 

サーファーズパラダイス

ゴールドコーストの中心部であるサーファーズパラダイスの様子です。

f:id:fuku-fukurou:20190811140538j:plain

セーラームーンのコアラ

セーラームーンの格好をしたコアラ。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811140626j:plain

コン○ームのパロディショップ

コ○ドームのパロディショップ。

メインストリートにあるお店で、ギラギラのネオンサインが浮きまくっていましたね。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811140827j:plain

ゴンチャ

日本では考えられない「行列のできないゴンチャ」。

日本より薄味でした。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811140934j:plain

グロい看板

こちらも、日本ではまずお目にかかれないグロ系の看板。

自然保護を呼びかけてるんですか、ね?

でも、ヒキガエルは使わないよなぁ、と。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811141835j:plain

エロい散髪屋?

ビキニスタイルのオネエサンがカットしてくれる散髪屋。

それ以上でも、それ以下でもなさそうです。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811141933j:plain

インスタスポット。サーファーズパラダイスの看板

行けば必ず撮影するであろうインスタスポット「サーファーズパラダイス」の看板。

わりとショボかったですよ。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811142622j:plain

夕暮れ

 

高層ビルQ1のスカイポイントからの眺望

f:id:fuku-fukurou:20190811140428j:plain

高層ビルQ1

f:id:fuku-fukurou:20190811134905j:plain

高層ビルQ1のスカイポイントからの眺望1

f:id:fuku-fukurou:20190811134922j:plain

高層ビルQ1のスカイポイントからの眺望2

f:id:fuku-fukurou:20190811140229j:plain

高層ビルQ1のスカイポイントからの眺望3

77階(235m)からの眺望です。

入場料は日本円で2000円ほどで、かなりお高め。

 

ゴールドコーストマラソン

f:id:fuku-fukurou:20190811135135j:plain

JTBのテント

JTBのゴールドコーストマラソン参加者用テントです。

中には、コーヒーやスポーツドリンク、バナナなどなどが無料でサーブされています。

また、昼食はカレーとトン汁。これがおいしかった。

 

ちなみに、向い側にはHISのツアーテントがあって、そちらは100名規模の大人数。

みなさん、揃いの帽子をかぶって、レース前の気合い入れなど、体育会系のノリで大盛り上がりでした。

一方、JTBツアーは、年齢層が高く、まったり系。

どっちが良いかは、「お好み」でしょうね。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811135613j:plain

スタート

スタートの様子(プロが撮った写真で、購入したものです)

夜明け前のスタートなので、おそらくハーフマラソンかと。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811135833j:plain

ゴールドコーストマラソン1

 

f:id:fuku-fukurou:20190811135854j:plain

ゴールドコーストマラソン2

スタート前にスコールがありました。

そのおかげでキレイな虹が現れました。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811140011j:plain

コスプレランナー

ここにもいましたコスプレランナー。

全員、めっちゃ速かったです。もちろん、余裕の完走でした。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811140126j:plain

広々としたコース

 <関連記事>

www.fuku-fukurou.blog

 

カランビン動物園

f:id:fuku-fukurou:20190811142259j:plain

コアラ

カランビン動物園のウリは、コアラを抱っこして記念撮影ができることです。

撮影を仕切っていたオバチャンが怖かった。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811142411j:plain

カンガルーが触れる

もうひとつのウリは、カンガルーを触ってもOKということ。

「カンガルーがマウンティングしているのか?」

と思ったのですが、よく見たら子供のカンガルーにおっぱいを飲ませているところでした。

動物園内で食べたハム・チーズ入りのホットサンドがすごくおいしかったです。

 

バイロンベイ

f:id:fuku-fukurou:20190811142802j:plain

バイロンベイ

f:id:fuku-fukurou:20190811142730j:plain

バイロンベイの灯台

バイロンベイの灯台。

 

上の2枚の写真は「GoPro」で撮ったもの。

ゴールドコーストマラソン用に「GoPro」を買ったんですけど、嫁さんに預けていたところ、持って来ていたのを忘れていて、バイロンベイまで使用せず。

おまけに「使い方が分からない」と大騒ぎでした(苦笑)。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811143107j:plain

北上してきたクジラ

全然分からないと思いますけど、白く波立っているところはクジラが泳いでいるところです。

短い時間の間に、何度か目撃できました。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811143253j:plain

ペイントウォール

バイロンベイの街中の、ごくごく一部にだけあったペイントウォール。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811143337j:plain

ラッピング・バス

結婚式のチャーターバス。

そういや、路線バスは見かけませんでしたね。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811143453j:plain

坂道のテーブル

坂道にセットされたテーブルとイス。

微妙に斜めってました(笑)。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811143616j:plain

ラーメン屋

どう見たって昔のよろずやにしか見えないラーメン屋。

大繁盛していました。

 

f:id:fuku-fukurou:20190811143714j:plain

インスタスポット・LOVEの看板

嫁さんが楽しみにしていた「LOVE」の看板。

残念ながら、ベンチには鉢植えが置かれて座れなくなっていました。

電柱看板には「立ち止まるな」との注意も。

 

おわりに

ゴールドコーストマラソンツアーの写真を整理するがてら、記事としてアップしました。

1ヶ月も経つと、当時のことをずいぶんと忘れてるなぁ、というのが正直なところですが、こうやって写真を見直していたら、少しずつ思い出すことができました。

 

写真に写っている嫁さんのやたらに嬉しそうな顔を見ると、しぶしぶながらのゴールドコーストだったけど、今は行って良かったなぁって思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 <関連記事>

 

www.fuku-fukurou.blog