福ふくろう

日常のことや趣味についてゆる~くまったりと書いています

ゴールドコーストとバイロン・ベイでビックリ驚いたヒト・モノ・コト27連発!

 

7月5日(金)から9日(火)まで、オーストラリアのゴールドコーストに行ってきました。

 

嫁さんが

「どうしても、ゴールドコーストマラソンで走りたい」

とおねだりをしてきたので(笑)。

 

旅行に至るまでの経緯など、こちらの記事に書いていますので、よろしければお読みください。

 

www.fuku-fukurou.blog

 

マラソンがメインとは言いつつも、もちろん、観光や食事なども楽しんできました。

で、そのときに見かけたヒト、モノ、コトで、びっくりしたことがたくさんあったので、その紹介をさせていただきます。

 

 

普通に英語でしゃべってくる

現地の人が英語でしゃべってくる。

これはまあ、当たり前なんですけど、そのしゃべり方がハンパじゃなく「普通」なんですよ。

 

日本だと、外国人がカタコトの日本語で話しかけてきたら、ゆっくりと簡単な言葉で応対しますよね。

ところがゴールドコーストでは、私の超拙い英語を聞いても、おかまいなしで、

「ベラベラベラベラ~」

って、「普通」に返してくるわけです。

もうね、何を言ってるのか、さっぱりわからないんですよ。

 

ホテル、ショップ、レストラン、バス、タクシー、どこに行っても、誰としゃべっても、こちらの英語力には一切お構いなしで、

「ベラベラベラベラ~」

でした。

 

最初はまじめに聞き取ろうとがんばったんですけど、「ムリ!」って分かってからは、

「ア、ハァ~ン」

とか

「オゥ、イェイ」

って適当に答えるようにしました。

そしたら、それなりに何とかなってましたね。

 

ゴールドコーストは物価が高い

ゴールドコーストの空港に着いてすぐに自販機でペットボトルのミネラルウォーターを買ったんです。

600ccの普通のやつ。そのお値段が、なんと360円!

日本の約3倍でした。

 

ビッグマックが750円、プリングルズ(ポテトチップ)が300円超と全般的に物価は高かったです。

 

ちなみに私は買いませんでしたが、たばこは一箱2000円もするんだとか。

 

セーラームーンのコアラの像

f:id:fuku-fukurou:20190712185329j:plain

セーラームーンのコアラ

オーストラリアといえば「コアラ」 です。

幹線道路沿いにいくつものコアラの像がありましたが、ゴールドコーストの一番の繁華街サーファーズパラダイスには、セーラームーンの装いのコアラの像がありました。

 

現地では日本のアニメが大人気で、中でもセーラームーンやドラゴンボールのファンが多いんだとか。

で、コアラの像は毎年、装い替えをしていて、今年はごらんのようなセーラームーンの姿になっています。

 

歩行者信号が短すぎる

これが一番ビックリしたことかも。

とにかく、歩行者用の信号が短い、いくらなんでも短すぎなんですよね。

 

車道は基本的にいつも青信号。歩行者用はすべて押しボタン式で、ボタンを押してからしばらく待ちます。

 

信号が青に変わると、

「キュイン」

というゲーム音が出て、それから、

「トコトコトコトコトコトコ・・・」

と、急かす音が流れます。

これが、太鼓をたたく猿のおもちゃみたいな音です。

で、車道の半ばあたりで赤信号の点滅に切り替わり、渡りきるかなり手前で赤になります。

 

メインストリートの2車線のところで時間を測ったみたところ、歩行者信号が青の時間は、たった「6秒」でした。

普通に歩いてたら絶対に青信号の間に渡りきることはできない短さです。

 

なのですが、みんな、赤信号でも車が途切れたらガンガン渡ってましので、これはこれでOKなんでしょうね。

 

男女とも美形が多い

老若男女とも美形が多かったです・・・、って、ただの個人的感想です。

 

女性のおしりが超でかい

女性のおしりが超でかい!

これは個人的感想ではなく、厳然たる事実です。

とにかく、女性のおしりがやたらにでかくて、目がいってしかたなかったです(笑)。

 

ショップで売られているジーンズも、体型にあわせてヒップまわりが超でかかったですよ。

 

食べ物もビッグサイズ

f:id:fuku-fukurou:20190713083338j:plain

骨付きステーキ

上の写真は2日目に食べたステーキ。

サイズが分かりにくいですが、横幅は軽く30cmを超えているビッグサイズです。 

黒々としているのは、甘いバーベキューソースをこってりと塗りたくっているから。

肉は柔らかかったけど、量が多すぎて、途中で飽きてしまいました・・・。

 

3日目にもステーキを食べ、ハーフサイズでオーダーしたところ、300gと日本のラージサイズでした。

 

 

 

トラムは無○乗車し放題?

f:id:fuku-fukurou:20190712185152j:plain

ゴールドコーストのトラム(路面電車)

 ゴールドコースト内で移動するのに便利なのがトラム(路面電車)です。

1区間、約4ドル。ですが、1日乗車券となる「go explore」が10ドル。

ついでに、バスも乗れます。

なので、これを買って乗るのが断然、お得です。

f:id:fuku-fukurou:20190712185255j:plain

トラムの1日乗車券

 で、トラムに乗るときは、ホームに設置されているタッチパネルに「go explore」かざすだけで、車内でのチェックはなく、降りるときもそのまま、何もしなくてもOKでした。

 

一度「go explore」をかざすと、その次に乗るときは何もせずにトラムに乗り込めるので、ぶっちゃけ、この方式だと「無賃乗車し放題」なんですよね。

 

一応、抜き打ちでチケットチェックするそうなので、乗られる方はチケットをちゃんと買いましょう。

 

タピオカの有名店ゴンチャがガラガラ

f:id:fuku-fukurou:20190712185509j:plain

ガラガラのゴンチャ

日本で大人気のタピオカ。どこの店に行っても行列が出来てますよね。

ゴールドコーストにも、見つけただけで2軒、タピオカのお店が。しかも、有名な「ゴンチャ」がありましたが、行列どころかガラガラでした。

 

ビキニパンツで走るランナー

f:id:fuku-fukurou:20190712190102j:plain

安心してください。履いてますよ!

ゴールドコーストマラソンのワンシーン。

ビキニパンツ一丁で走っているランナーがいました。 

 

最初見つけたときは、「素っ裸?」ってビックリしましたが、さすがに履いてましたね。

顔は隠していますが、なかなかの美形でした。

 

銀粉ショーさながらの大道芸人

f:id:fuku-fukurou:20190712190209j:plain

銀粉塗りたくりの大道芸人

全身を銀粉に塗りたくって、「動かない」芸をやっている大道芸人。

銀粉に塗りたくるのって大変だろうなって思いながら見てたら、この人、ずっ~と「空気イス」に座ってるんですよ。

動かないという芸よりも、空気イスに座りっぱなしということにビックリでした。

 

 マーケットの変な店

ビーチ沿いの歩道ではマーケットが開かれていて、いろいろなお店が出ていました。

日本では、たこ焼きやら綿菓子が定番ですが、飲食系の屋台はあまりなく、いかにもパチモン臭いオモチャを売っている店が多かったです。

 

こちらは手の型をロウで取ってくれる店。

f:id:fuku-fukurou:20190712190715j:plain

蝋の型取り



こちらは、定番のパロディグッズです。

f:id:fuku-fukurou:20190712190811j:plain

パロディグッズ?

 

 

 

カンガルーが触り放題

初日に出かけたカランビンの動物園。

こちらでは、カンガルーが放し飼いになっていて、触り放題でした。

f:id:fuku-fukurou:20190712190316j:plain

カンガルーが触り放題

カンガルーって、けっこう攻撃的だと思ってましたが、皆、ダルそうに寝そべってましたね。 

 

コアラ撮影のオバチャンが怖い

f:id:fuku-fukurou:20190712190404j:plain

コアラを乱暴に扱うオバチャン

 カランビンの動物園の売りのひとつは、コアラを抱っこして記念撮影ができるということ。

ちょいと小太りのオバチャンが仕切っていました。

で、ご覧のように、コアラを片手でひょいっと持ち上げるなど、扱いが乱暴だったんです。

 

さらに、嫁さんの順番になったので、それを撮影しようとしたら、このオバチャンが凄い形相になって、なんかベラベラと言ってます。

「勝手に写真を撮るな」か「一緒に写るんだったらサッサと来い」と言ってるのか、全然分からなかったですけど、怒っているのだけは確かでしたね(苦笑)。

 

ま、とにかくコアラ撮影のオバチャンは怖かったです(笑)。

 

バイロンベイでクジラの潮吹きを見る

ここからは3日目に行ったバイロンベイという町で見かけたビックリしたものです。

バイロンベイはゴールドコーストから車で1時間半くらいの海で遊べるリゾート地。

オーストラリア最東端の岬があって、そこから眺める大海原は絶景でした。

 

そして、まさかの予期せぬクジラの潮吹きが!

f:id:fuku-fukurou:20190713083848j:plain

クジラの潮吹き

上の写真、かなり分かりにくいと思いますが、真ん中あたりに白く映っているのが、クジラ(がたたせている波)です。
南極あたりで暮らしているクジラが、この季節、越冬のため、バイロンベイのあたりまで北上してくるのだそうで、しばらく海を眺めていたら、何度もクジラの潮吹きや背びれを見ることができました。

クジラが見られるって知らなかったので、驚き&感激でした。

 

季節感無さ過ぎの服装

f:id:fuku-fukurou:20190713084712j:plain

季節感のない服装

バイロンベイを訪れた当日の気温は20度弱。少し肌寒さを感じるくらいで、私は長袖シャツを着て街中をウロウロしていました。

周りの人たちは、多くが長袖シャツで、セーターやダウンを着てる人もいたのですが、中には、タンクトップやTシャツに短パンといういでたちの人がたくさんいたんです。

 

おまけに、裸足に水着姿の人も。その人たちは、寒い中、海で泳いでいた人たちです。

街中は季節感無さ過ぎの服装でいっぱいでした。

 

インスタ映えで有名なアサイーボウル

バイロンベイでインスタ栄えで有名(らしい)店「COMBI」。

嫁さんの第一のリクエストが、このアサイーボールを食べること。

注文してから、待つこと30分以上、出てきたのがこちら。

f:id:fuku-fukurou:20190713085529j:plain

超ビッグサイズのアサイーボウル

 

直径20センチは軽く超えるだろうヤシの実の器に、てんこ盛りです。

下にはさっきまで凍ってただろうアサイーが、「これでもか!」というくらいのボリュームで入っておりました。

 

私が注文したのは、アボガドトースト。別にどうってことない代物でした。

f:id:fuku-fukurou:20190713085617j:plain

アボガドトースト

 

クロワッサンサンドが旨し!

f:id:fuku-fukurou:20190713085658j:plain

クロワッサンサンド

ふらっと立ち寄ったパン屋さんで見たクロワッサンサンドがおいしそうだったので即、購入。

店内で軽く焼いてもらったのをテイクアウト(オーストラリアでは、テイクアウェイと言うんだとか)しました。

こいつもまた、ビッグサイズ、しかも、とっても美味しかったです。

 

食感が微妙なチアシード

f:id:fuku-fukurou:20190713090229j:plain

チアシード

スーパーフードとやらで2~3年前に流行った(らしい)チアシード。これもまた、相当のボリュームでした。

いちごのジャムがかかったものを食べたところ、味はOKですが、食感がなんとも微妙な。

ぶっちゃけ、ゲ○みたいでございました。

ので、私は一口食べてカンベンしてもらいました。

 

メカメカした公衆トイレ

f:id:fuku-fukurou:20190713083627j:plain

公衆トイレの入り口

これは、公衆トイレの入り口です。

真ん中に緑のランプが点いていますが、「空き」を示すもの。

赤色は「使用中」で、黄色と青は・・・、忘れました。

 

緑のランプに触れると、SF映画に出てきそうなメカメカした音声が流れて、自動ドアが開く仕組み。

で、中に入ってボタンを押したら、またメカメカした音声が流れてドアが閉まりました。

この音声は何を言ってたのか、さっぱりわかりませんでしたけど。

 

 トイレットペーパーがビッグサイズ

f:id:fuku-fukurou:20190713083724j:plain

超でかいトイレットペーパー

トイレットペーパーです。

サイズ感がわかりにくいですが、直径50センチ以上はあろうかというロールが2個、セットされていました。

 

いたるところに灰皿が

f:id:fuku-fukurou:20190713084501j:plain

たくさんの灰皿

 

バイロンベイは観光地だけあって、そこらじゅうにゴミ箱と灰皿が設置されておりました。

f:id:fuku-fukurou:20190713084536j:plain

ゴミ箱にも灰皿

オーストラリアの喫煙環境はどうなのか?事前にブログなんかでチェックしたところ、「壊滅的に悪い」

と書かれているものばかり。

 

ところが、いざ行ってみたら、全くそんなことはなくて、サーファーズパラダイスでも、分煙という形で、それなりに喫煙場所は確保されていましたよ。

 

有名インスタスポットが閉鎖

f:id:fuku-fukurou:20190713084618j:plain

LOVEの看板とベンチ

バイロンベイで嫁さんが楽しみにしていたのが「LOVE」の看板の下のベンチに座って写真を撮ること。

インスタに載せて自慢する腹積もりだったのでしょうけど、行ってみたらベンチには植木鉢が置かれて、見事に座れなくなっています。

 

柱に掛かっているバナーには、「立ち止まるな」との注意書きが。

この看板とベンチ、全景をカメラに収めるには、前の車道からじゃないとムリなんです。

で、おそらく、ここで記念撮影する人が多くて、交通の妨げになっていたんでしょうね。

だから、「立ち止まるな」としたのでしょう。

ちなみに撮影禁止ではありませんでした。

 

坂道の有効利用

f:id:fuku-fukurou:20190713084759j:plain

坂道に設置されたテーブルとイス

ゴールドコーストもバイロンベイでも、飲食店の軒先の歩道(公道)にテーブルを置いて、そこで飲食ができるようにしている店がたくさんあります。

こちらのお店は、店先が坂道ですが、そこにベンチとテーブルをセットしていました。

もちろん、脚の長さは坂にあわせて調整されていました。

 

ボロボロのラーメン屋が大繁盛

f:id:fuku-fukurou:20190713084841j:plain

古い日本の看板

ブラブラ歩いていたら、日本の古い看板がかけられた店を見つけました。

なんぞ?

と近寄ってみたら、ボロボロ、サビサビのブリキ?(トタン?)板が貼り付けられたラーメン屋さんでした。

f:id:fuku-fukurou:20190713084923j:plain

ボロボロの店が大繁盛

店内はご覧のように大繁盛で、皆さん、おいしそうにラーメンを食べていました。

 

 

 

コン○ームのお店

再びゴールドコーストのサーファーズパラダイスから。

f:id:fuku-fukurou:20190713085016j:plain

コン○ームのパロディショップ

メインストリートにあったコン○ームのパロディショップ。

街中は、ギラギラ系のネオンサインがほとんどなかったので、この店はすごく目立っていましたね。

 

少し違和感を感じたものの、日本ではパチンコ店や風俗店なんかがそこらじゅうにあるので・・・。

 

エロい散髪屋

f:id:fuku-fukurou:20190713085118j:plain

ビキニの散髪屋

これで最後、27発目のビックリ驚いたヒト・モノ・コトはエロい散髪屋さん。

目次から即、こちらにジャンプされた方も多いのでは?

 

で、エロいと書きましたが、そこまでではないですね(期待させてすみません・笑)。

ゴールドコーストのビーチのほど近くにある散髪屋さんで、ビキニ姿のオネエサンが、髪を切ってくれるというものです。

アジアで散髪屋と言ったら、もろ、アッチのサービスをする店があるそうですが、ここは違いますね。

 

店頭のモニターを見ていたら、写真のように(まるで北の首領様のような)あまりにも変な髪型にされていたので、これはいかがか?と思いました。

 

 おわりに

以上、ゴールドコーストとバイロン・ベイでビックリ驚いたヒト・モノ・コト27連発!をお届けしました。

 

ものによっては、オーストラリアに限ったことではないのも混じっているでしょうけど、初めて訪問した私にとっては、とても新鮮でおもしろかったです。

 

私が一番ビックリしたのは、歩行者信号の短さでした。

あなたは、どれに一番興味を持たれましたか?

 

 

 <関連記事>

www.fuku-fukurou.blog