福ふくろう

日常のことや趣味についてゆる~くまったりと書いています

ベーグル屋「YES!BAGEL 黒おび屋」。その遊び心満載の店内に圧倒される

 

山梨県は北杜市白州町の国道沿いにあるベーグル屋さん「YES!BAGEL 黒おび屋」。

ハード系のおいしいパンを食べさせてくれるお店「ゼルコバ」に寄ったあと、これまた「おいしい」と評判のベーグル屋さんが、ほんとうにすぐ近くにあるとの情報をゲット。

 

「ならば行かねばなるまい!」と言うことで行ってきました、「YES!BAGEL 黒おび屋」。

評判どおりのおいしいベーグルにビックリ!

それ以上に、遊び心満載の店内に圧倒されました。

 

 <ゼルコバの記事はこちら>

www.fuku-fukurou.blog

 

ということで、今回は、遊び心満載のベーグル屋「YES!BAGEL 黒おび屋」の食レポをお届けします。

f:id:fuku-fukurou:20190814191530j:plain

YES!BAGEL 黒おび屋

 

 

古い蔵を改造したベーグル屋

壁に小板がたくさん打ち付けられた蔵造りの店「YES!BAGEL 黒おび屋」。

昔の酒屋っぽい看板に屋号のロゴを見たときは、

「ん?エビスビール?居酒屋か?」

と思ったものでした。

f:id:fuku-fukurou:20190814191633j:plain

ベーグル屋とは思えない不思議な店先

店先にはブランコがあったり、でかい鉢に金魚がいたり、不思議な雰囲気が漂っています。

 

オーナーの遊び心満載の店内

店内に一歩入ると、

「何、これ?」

と思わず足を止めてしまう内装です。

f:id:fuku-fukurou:20190814191810j:plain

異空間?

店の外壁と同じように、店の内側の壁にも、たくさんの小さな板が打ち付けられています。

天井は屋根のところまで吹き抜けになっていて、何本もの梁が。  

そして、店内にはたくさんのスノーボード、スケートボード、登山用のピッケル、自転車のフレーム、釣り道具といったアウトドアのギアが。

テーブルイスもスノーボードで作られていました。

 

薪ストーブや、ランタン、壁に架けられた生ギターなんかが、山小屋っぽくてとっても良い感じ。  

棚には新田次郎の「孤高の人」といった山岳本がある一方で、「グリとグラ」などの童話本。 タミヤのプラモデル。 そして、パンダのぬいぐるみ

 

とってもカオス状態なんですが・・・、これはオーナーのこだわりというか、遊び心が満載なんです。     

 

f:id:fuku-fukurou:20190814202729j:plain

店内にもブランコが

 

「YES!BAGEL くろおび屋」は手作り

「YES!BAGEL 黒おび屋」は、オーナーがひとりで切り盛りされているお店です。

とっても気さくで、話好きなオーナー。

 

彼から聞いた話では、このお店、もともとはほぼ放置状態だった蔵

3.11の大震災で半壊状態となってしまったものを、「何かしたい!」と持ち主にかけあって使わせてもらうようになったのだとか。  

 

そして、蔵の修繕から内装の施工まで、オーナーが独学&ほぼ独力で、まさに手作りで作りあげたそうです。

   

店内外の小板は、廃材をリサイクルしたもの。

ピッカピカのメインテーブルは、震災で底抜けした2階の床を取っ払って、その床材を使って作られたものです。

f:id:fuku-fukurou:20190814191854j:plain

元天井だったテーブル

 

店内にたくさんあるスノボーは、営業終了となったスキー場から貰いうけて飾っているそうです。

 

オーナーご本人は、もちろんアウトドアが大好きで、それが高じて東京から白州に移住された方。

その趣味がこだわりとなって、遊び心満載のベーグル屋となっています。

 

こだわりのベーグルにも遊び心

オーナーは、某有名リゾート系会社で働いたあとに独立し、最初はうどん屋さんを始めたのだとか。

でも、なんか違うなぁということで、ベーグル屋さんにジョブチェンジ。

同じ小麦粉を扱う食べ物ということで、入りやすかった話されていましたが、店舗の改修と同じくベーグルも独学で始めたそうです。

 

さて、こちらのベーグル、肝心のお味はというと・・・、本当においしい!でした。  

 

私の持つベーグルのイメージは、固くてパサパサしているといったものでしたが、こちら「YES!BAGEL 黒おび屋」のベーグルは、モッチモチの歯ごたえに、シットリとした食感なんです。  

f:id:fuku-fukurou:20190814192228j:plain

YES!BAGEL

そして、ベーグルには、店のロゴである「YES!」の焼印が付けられていて、何とも遊び心を感じます。

 

ちなみに、上の写真のショーケースに入ったベーグル、大きいのと小さいのがありますが、食べるのは大きいほうです。 

小さいベーグルは、もしかしたら販売されてるかもしれませんが・・・、これにもオーナーの遊び心がありました(本記事の下でネタばらしします)。  

 

f:id:fuku-fukurou:20190814192428j:plain

白州なのに、なぜか山崎の表札

 「YES!BAGEL 黒おび屋」は、白州にあるベーグル屋さん。

なのに、店内のなんで一番目立つところにライバル地名である「山崎」という表札が掲げられているのか?ですが・・・、聞くと、オーナーの名前が「山崎」さんだからなんですと。

 

モッチモチのベーグルを食す

いよいよ、ベーグルの注文です。

いくつか種類のあるベーグルだけでも良いし、それに挟む具材をチョイスして、ベーグルサンドにするも良し。

f:id:fuku-fukurou:20190814195029j:plain

種類いっぱい

挟む具材は、フルーツ系もありますが、それはお持ち帰りすることにして、店でいただくのは、肉・魚系のベーグルサンドにします。  

 

5つのメニューからチョイス。

f:id:fuku-fukurou:20190629231921j:plain

肉と魚のメニュー

 メニューを見るだけでも、どれもうまそう!食べてみたい!

だけどさすがに2つはボリューム的に無理そう。

 

ということで、迷いに迷ったあげく、白州のお店で食べるんだからとNo.5の白州の酒粕塩麹チキンをチョイスしました。

ベーグルは、クルミがベースのものを選びました。  

 

嫁さんはNo.2の 合鴨のスモークパストラミ黒こしょう風味をラムレーズンのベーグルでセットでオーダーしました。  

 

で、出てきたのがこちら!

f:id:fuku-fukurou:20190629231943j:plain

白州の酒粕塩麹チキン


 メインのベーグルに、きのこを溶かした温かいスープ、そしてピクルスが添えられています。  

 

まずは、大きく一口。 なんともまあ、モッチモチの食感です。

これまで食べたどのベーグルとも違う口当たり。

 

そこに、甘みと酸味のきいたクリームチーズが交じり合い、くるみのサクサク感と生野菜のシャクシャク感も相まって、絶妙の旨みです。

もちろん、チキンもとてもおいしかったです。

 

f:id:fuku-fukurou:20190814192918j:plain

ベーグル、うまし!

 

嫁さんの合鴨も一口もらいました。こちらもとっても美味なり!でしたね。  

 

自家製ピクルスに、近所のキノコ専門店から仕入れているというきのこで作ったスープが、ベーグルにピッタリとマッチしていて、とても、おいしかったです!  

 

f:id:fuku-fukurou:20190814192951j:plain

チキンと鴨、どちらも美味なり!

 

コーヒーにもこだわりが

ドリンクで注文したアイスコーヒーにも、「YES!BAGEL 黒おび屋」ならではのこだわりがあります。  

f:id:fuku-fukurou:20190629231928j:plain

ドリンクメニュー

まず、使っている豆は、近くの「小林コーヒー」というお店から仕入れているとのことなんですが、このお店、なんと宮内庁御用達なんだとか。

 

出てきたのがこちら。

f:id:fuku-fukurou:20190629231949j:plain

まん丸氷のアイスコーヒー

 まん丸の大きな氷がひとつだけ入っているアイスコーヒーって、はじめてです。  

一口飲んでみると、甘みがあって深みもある、けど、苦すぎないコーヒーらしいコーヒーです。

 

こちらは、マスターが見せてくれたコーヒー豆。 

f:id:fuku-fukurou:20190629231955j:plain

コーヒー豆とこだわりのガムシロップ

写真では分かりにくいですが、右のHOTコーヒー用の豆は普通の炒り方なのに比べ、左のICEコーヒー用の豆は、真っ黒で黒ビカリしています。  

 

真ん中の透明のビンは、ガムシロップで、これにもこだわりが。

カリブ カナデュー」というサトウキビの天然糖液で、あまり甘すぎないシロップでした。

 

これが、宮内庁御用達のコーヒーによく合っていました。ちなみにフレッシュは、八ヶ岳高原牧場の濃度に高い牛乳だそうです。  

 

おわりに

パン屋「ゼルコバ」に行ったついでに入った「YES!BAGEL 黒おび屋」。

モッチモチの食感のベーグルにビックリで、また是非来たいお店が増えました。

 

ちなみにこの店、定休日は火曜日なんですが、その前後も休むことが多いとのこと(オーナーが釣りに行きたいと思ったら行ってしまう自由人なので)。

それと、冬期は長く休みに入るそうなので、出かける前に電話で確認されることをおすすめします。  

 

さて、ショーケースに入っていた小さなベーグルですが・・・、店を出るときにペンダントになってプレゼントされました。

(もらったのは嫁さんだけです・・・) 

f:id:fuku-fukurou:20190814194006j:plain

小さなベーグルのペンダント

こういう遊び心が満載のとっても楽しいお店、「YES!BAGEL 黒おび屋」。

機会があれば、ぜひ、一度!

 

YES!BAGEL 黒おび屋
住所:北杜市白州町白須259-1
080-5482-9696

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

よろしければこちらもどうぞ

www.fuku-fukurou.blog